ウェブデザイナー募集 ホームページ作成HOME

XHTMLとCSS

XHTMLとCSS

XHTMLとCSS

CSS(スタイルシート)でレイアウトをすることは、XHTML内のソースをシンプルにし、検査エンジン対策にもなるため、多くの人がCSSを利用するようになっています。またXHTML 1.1の場合、装飾するタグはCSSでのみというという文書構造の記述に特化した言語なのでHMTL内には書き込めません。
とはいえXHTMLのCSSの書き方はHTMLの時と変わりは殆どありません。

XHTMLのCSS書き方
XHTML内に書く場合

<style type="text/css">
p {font-size: smaller; color:blue;}
h1 {color:maroon; font-weight:normal;}
h2 {color:#0000ff; font-weight:normal;}
</style>


HTMLでCSSを使うときと一緒です。実際にCSSでレイアウトを組んで見るとわかりますが、指定するダグの数はこんなに少ないことはないと思います。ですがサイドメニューなどのない単純なレイアウトであればXHTMLのソース内に記述してもいいでしょう。この例のような場合は<head></head>の間に記述します。

XHTMLのCSS書き方
外部ファイル呼び出しの場合

<link rel="stylesheet" href="sample.css" type="text/css" />

LINK要素を用いて外部CSSファイルを読み込む。ともいいます。要はメモ帳やテキストエディタなどにCSSを記述して、htmlファイルからリンクしてCSSをhtmlに反映させる方法です。

この例も同じく<head></head>の間に記述します。

外部ファイル呼び出しのCSSの方が編集の手間がかからないので便利です。


XHTMLの基礎知識
XHTMLってなに?
HTMLとの違い
XHTMLのメリット
XHTMLのタグ
記述のルール
XHTMLの書き方
XHTMLタグ一覧
XHTMLとCSS
あると便利!
XHTMLのフリーソフト
XHTMLのお勧め書籍
リファレンスHOME
ウェブサイトHOME