ウェブデザイナー募集 ホームページ作成HOME

HTMLとの違い

HTMLとの違い

HTMLとの違い

XHTMLとHTMLは何が違うのでしょうか?

タグには書き方やルールがあります。HTMLとXHTMLではまずタグの書き方が違います。

とはいえ基本的なタグの意味が変わる訳ではないのでご安心を。
HTMLが理解できている人であればXHTMLは難しいものではありません。

たとえば、インターネットエクスプローラー(以下IE)を使ってインターネットを楽しむ人が多いといえど、中にはMACのブラウザ、サファリやファイヤーフォックスなどのブラウザなどを使用している人がいます。

ホームページを作成したことがある人ならわかると思いますが、IEでは正常に表示されるのに、ファイヤーフォックスや、サファリだと画像が表示されなかったり、文字のサイズがおかしかったり、レイアウトが崩れてしまうことがよくあります。

これは、ブラウザが読み取るHTMLの解釈の違いです。

ケータイ電話で写メールを送るとき、ドコモからauに送ると表示されなかったり、機種が違うと画像の表示サイズが違って表示できなかったりします。

ブラウザが違うといちいちレイアウトが崩れてしまうのはそれに似ています。

でも、それでは困りますよね。

XHTMLはよりタグの書き方のルールが厳格なのでブラウザでの解釈の相違が少なく、またエラー処理が軽減されるといわれています。では、実際の記述の違いを見てみましょう。

XHTMLとのHTMLの書き方の主な違い
文書は整形式でなければならない
要素名及び属性名は小文字でなければならない
非空要素には終了タグが必要
属性値は常に引用符で括られなければならない
属性の省略はしてはいけない
meta、hr、br、img などは、空要素として書く
属性値内での改行を含む複数の空白は1つと見なす
スクリプトおよびスタイル要素の定義が異なる
要素の入れ子などSGMLの排除機能を再現できない
id、name属性をもつ要素は、id属性を使用する

これ日本語?って思うくらい難しいですね。これだけでは、理解しがたいでしょう。

違いの解説は、XHTMLのタグ(記述のルール)で詳しく解説します。


XHTMLの基礎知識
XHTMLってなに?
HTMLとの違い
XHTMLのメリット
XHTMLのタグ
記述のルール
XHTMLの書き方
XHTMLタグ一覧
XHTMLとCSS
あると便利!
XHTMLのフリーソフト
XHTMLのお勧め書籍
リファレンスHOME
ウェブサイトHOME